HKの日記?
日常の何気ない日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買ってみた
111220_222302s.jpg

触った事がない&生音を目の前で聴いたことがないエレキバイオリンを購入しました(^^)
まあ買ったものの、当然なんの知識も無く、やってみれば弾けるだろうくらいに思っていたのが間違いでした(^^;

商品が届き箱から開けて一通り見てみると、以外としっかりしてます。

...バイオリン以外は(爆
値段相応(\20000くらい)と言ったところで、ケースやらシールドやらセットになった安物です。
アフターサービスが良いのでベース買った時と同じところで買ったんですが、ベースの出来が相当良かったのか酷くこのバイオリンはちゃちに見えます(笑泣
f字溝のふちの仕上げやピグの精度、ボデーの材質(小さい節や木の模様)等、色々と(^^;
普通ならこんなものなんでしょうけど。


まあ見れくれはいいやと音を出してみます。
まず弓に塗る松脂。
塗るという表現より擦り付けるの方があってるような(--;
添付の松脂は硬いというレビューがネットにあったのを見てたので覚悟してましたが、本当にカタイ。
塗るという表現をされていたので多少やわらかいものだと思っていたのですが完全に固形です(笑

なんとか弓の毛に塗ってやろうとまずは水で溶かしてみる事に。
...溶けません。

次にストーブで温めてみる。
...微妙。

更に表面をペーパー(耐水ヤスリ:紙ヤスリを水に耐えられる様にしたもの)で足付けする。
...もうちょい?

段々面倒くさくなってきたので、ダメもとでライターで表面をあぶってから塗ってみました。
...おっ!? ほんのちょっとですが以外とのります。ですがすぐ硬化してしまいます。

という事でライターで松脂が溶けるまであぶり、即弓の毛に擦り付ける(笑
...完璧です(^^)
ばっちり弓の毛にのりました。


次はチューニングです。
ペグを回していき、セットに入っている笛でチューニングします。
まずは4弦、次に3弦、2弦、1弦、確認で4弦...あれ?
4弦を弾きなおしてみるとやたら低い音に。

レンチを使い、ペグを硬く絞めてもう一度4弦をチューニングしてみます。
更に3弦をチューニング、4弦を弾きなおしてみる。...あれ?
30秒たたないうちに4弦のチューニングがずれています。
!?
もしかして不良品?(--;

3~4回くらい全部の弦をチューニングしてみても中々落ち着いてくれません。
んー。ペグの質が良くないのか。
ペグを緩めて外してみようと3弦を緩めた瞬間、弦が切れました.....。

...なんでやねん!?
緩めてるのに切れてしまいました(--;
なくなくスペアの弦を使うはめに。

再度、慎重にチューニングをし直していき、計9回でやっと落ち着きました(^^;
ベースの弦より張るの大変でしたorz
ベースの弦はチューニングした後にわざと引っ張って弦を伸ばしてなじませるのですが、
まさかこんな細い弦にもそんな作業が必要だとは思ってもいませんでした。


そしてやっとこさ弾ける状態に。
何か簡単な曲を弾いてみようと、さくらさくらのフレーズをやってみましたが、フレットレスなので
非常に難しいです。
隣の弦との干渉や、本体の保持、弓の扱い方等々難易度高めです(^^;

とある曲の伴奏で使おうと思って手を出しましたが、とても完成日までに弾ける様になるとは思えません(笑


練習あるのみかな(--;
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

HK's os

Author:HK's os
放置気味ですが半年に一回は更新されるかも(^^;



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。